杉並・テキサス交流プロジェクト

2016年より杉並区次世代育成基金活用事業助成対象事業として、First English代表が発起人・実行委員長として活動している「杉並・テキサス交流プロジェクト」

アナログな文通という手段を使って、アメリカの小学生と交流をしたり、海外での体験談について聞いて話し合ったり、外国人スタッフと英語でゲームをしたりします。

参加者のみなさんは、抽選で選ばれるので、学校も違う学年も違うあったことがない友達と一緒に活動するため最初は緊張の面持ちですが、すぐに慣れて一緒に活動したりしています。

スタッフは地域の小学校で英語を教えている先生、英語教室を主宰したり英語を教えている先生、学校で英語を教えている先生で構成されています。みなさん、事前の準備も時間をかけて、当日は一人一人の生徒さんと向き合ってプロジェクトに関わっていただいております。

3年間で150名前後の杉並区の小学生の方々に参加していただき、大変うれしく思っております。

2018年度の詳細はこちらとなります>>★★★