ご挨拶

代表のいまいちなつです。この度、阿佐ヶ谷にて地域密着型の英語教室「First English(ファーストイングリッシュ)」を開設することになりました。

First Englishという名前は、初めて英語に触れるお子様が無理なく楽しんで、確実に英語を身につけていって欲しいという思いを込めてつけました。

そしてそれをきっかけとして小さい時から英語力を積み重ねていき、大人になった時に英語を使いこなすことで多くの可能性・選択肢を持ち、自分自身の人生をより豊かなものにしていってほしいと願っております。

★★★★2012-10-06 10.32.20

私自身は、中・高の学校教育や塾などで英語を学び成績も中の中、外国人の人と話したことはほとんどなく、高校卒業後、まったく英語が話せない中で渡米し6年を過ごしました。

予想通りかなり苦労をしましたが、家族がいないアメリカで私を助けてくれたのは、沢山の現地の人たちでした。大人なのに片言で話す赤ちゃんのような私をみなさんが育ててくれました。つたない英語で色々なことに挑戦する中で、知らぬうちに英語力も上がりアメリカ人と間違えられるようになり、自分の価値観がくつがえってしまうような体験を沢山しました。

アウトドア冒険クラブに入部、奨学金付きでオーケストラに参加、大学の日本語クラスを教えたり図書館のオフィスでバイトをしたり、日本文化クラブを立ち上げ大学初の日本フェスティバルを企画し、200~300人以上を動員したり、そして英語が話せなかった私が卒業代表のスピーチをする候補にもノミネートされました。英語を使ってなにかをするという数々の体験は、想像以上に感動的で心を震わせるものでした。

246676279_223

そして、今まで得た経験や英語力をグローバルではなくローカル(日本)で役に立てていこうと決めました。私が助けてもらった時の沢山の感謝の思いを、今度は日本社会で、特にこれからの日本を背負っていくこどもたちに還元していきたいと思うようになりました。

小さい頃から自然に無理のない範囲で英語に触れる環境をつくり、使える英語を身に着けていくことで、将来的に色々なバックグラウンドの人と交流したり、幅広い仕事を任されたり、自分の可能性をより広げることができます。これから日本を支えていく子どもたちが、自分の人生に多くの希望や可能性を感じ、そして大きく羽ばたいていってくれるのを心から望んでいます。

★★★★DSC_1296 (47)

その第一歩として、初めて英語に触れるお子様でも無理なくスムーズに英語の世界に触れてもらえるようなそんな英語教室を目指しております。現在は、0~6歳まで対象としておりますが、順次小学生クラス以上も開講していく予定でございます。

生徒様お一人お一人を、自分の子どものように大切に育てていきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。