【10月2回】年長、小3、小5

本日は暑い日でしたね。お越しいただきましてありがとうございました。

*来週のレッスンは全員オンラインレッスンとなりますのでお間違えのないようにお願いいたします*

【年長クラス】

宿題の答え合わせということでまず四季の単語を確認しました。チャンツも随分慣れてきたと思います。引き続きCDを聞いてみてください。

テキストでは今までの復習も含め、On  – in – under を色々な角度から聞いてみたりそのように動いてみたりしました。On the piano! On the table! Under the table! In the pocket などなど。

食べ物のチャンツや体を動かすチャンツのアプリも応用して取り組ませました。

Sight Word Readers は This is a peach と Three の2冊に取り組みました。比較的練習しやすい本でしたので、部屋の中を回って This is a ~. と動物、文房具、家具などをみてとにかく発話いたしました。説明などしなくても自然に This is a とa を付けてどんどん言ってしまうのは幼稚園生の真似がお得意な特権ですね。

Three では、Three bears have three chairs. の構文を発展させて、それぞれ椅子に座って動物になりきり Three rabbits have three chairs. という風に動物を入れ替えて言ってみたりしました。

頑張って練習できましたね!

【小3クラス】

オンライン3名と対面4名でした。宿題の答え合わせの前に短く近況報告をするのですが、~ができた!漢字が上手でメダルをもらった!バク転ができた!体操で開脚できた!水泳でメドレーができるようになった!など自分で短く発表できるようになりました。

一方で最近少し心配なのが、学校でやなことがありそれを気にしていることが多いことです。以下、長くなりすみません!

小3、小4ぐらいの時期はギャングエイジと呼ばれ親や教師などに反抗する時期といわれているのですが、大人より身の周りにいる友達に影響を強くうけます。感覚的には男子より女子の方が仲間と集まる傾向にありますので、そのような場面でなかなか友達関係を気にするようになる子が多いのかなと感じています。

アメリカで様々な経験をしてきまして、またそれなりに教育の勉強をしてきましたので、やはり子どもの成長過程においては、ネガティブな部分よりポジティブな自分の良いところ、得意なところ、好きなことなどを持っていることが大切だと信じています。

人からの評価や人との関わりの中での、モヤモヤではない軸で自分を持つことができたら、子どもたちは生きやすくなるのではないかなと思い、授業では、自分に自信がもてるように、できた!の経験を増やしながら、また英語以外の部分での皆さんのよさを少しでも引き出せたらと思っています。

今日の単元は、天気や気候の単語や前置詞を使った文章を読んだり発話したりしながら、文章を理解していく活動をいたしました。前回に引き続き、on, in, under, over, by, betweenの表現を、自分の持ち物を使ったり、3人横に並びbetween の表現をつかったりなど楽しみました。

次回はカバンの中にはなにがある?という単元でpg45に自分のカバンの中身を書くのが宿題になっております。

小3クラスは、ペースが少し早く進めておりますので、その他の活動も優先して行っていきたいと思います。

オンラインの方々は、時々音が聞きづらくなり大変申し訳ありませんでした。

【小5クラス】

こちらのクラスは書く宿題が沢山ありますので、一人一人のスペルや内容等を私が確認している間に、カードなどを参考に文章をつくったりしています。

前回は動詞カードだけ渡して自分で考えて文章を作っていただいているのですが、今回は名詞のカードを渡して動詞を自分で考えながら文章を作っています。

the news paper というカードだったら、I read the newspaper. する。

今回の内容では、don’t の書き方が違う場合、They don’t (doesn’t ではない)、多少のスペルミス、などそれぞれのお子様と確認しております。

I speak Japanese. という構文に notを使ってみましょうという課題では、
I not speak Japanese. という風にただnotを入れるだけのお子様も複数いらっしゃいました。

少しずつ繰り返す中で、感覚的にスムーズに書けるようになるとよいと思います。

それぞれのチャンツや項目で時折、全員での散歩

次の単元は How many ということで複数形の数え方が変形するものに意識を配って取り組めたらと思います。 an apple, apples, no apples(1つ、2つ以上、ない=ゼロ)となりますね。

フォニックスはなかなか進めず申し訳ありません。どうぞ引き続き宜しくお願いいたします。

英検受験もお疲れ様でした!